スロマガの設定判別ツールは役立つのか?

パチスロを打っている人で一番意識する点といえば「設定」でしょう。そして設定判別に便利なスマホで使えるツールなどを活用している人も多いと思います。

 

 

設定判別で有名なツールは色々とありますが、中でも有名なのが「スロマガの設定判別ツール」でしょう。あの有名な「パチスロ攻略マガジン」が提供しているツールですからね。

 

 

しかし一番気になるのは「精度はどうなのか?」とか「信頼してもいいのか?」という部分でしょう。判別ツールで表示された設定の信頼度など、極端に偏っていては困りますよね。

 

 

そこで実際にスロマガの設定判別ツールを使ってみて、精度はどのくらいかどうかを検証してみましたので、興味がある方はご覧ください。

 

 

ちなみに設定判別ツールって?

パチスロ機は高設定ほど出玉に対する期待度が高くなりますよね。そこで高設定か低設定かを調べる為のツールとなります。
簡単に説明すると設定差のある小役などのデータを入力することで、今打っている台の設定を判別するような流れで利用します。
操作方法など難しい訳ではないので、初心者の方にもお使いいただけます。もちろんスマホから手軽に利用できるのが大きいですね。
但し、統計学的に判別するツールですので、1000ゲームや2000ゲームなどのゲーム数ではブレが大きくなる傾向にあります。

 

 

またスロマガで利用可能な設定判別ツールは機種ごとの設定推測ツール、ジャグラー系では設定判別ツールに加えブドウ推計設定推測ツールなどが用意されています。

 

 

ただ、新機種などまだ導入したばかりの機種についてはこのようなツールの提供をしていませんので、ある程度時間が経ってからしか使うことができません。

 

 

設定判別ツールを使う上での注意点

まず基本的に小役や通常消化ゲーム数などを把握しておくことが前提のツールとなります。例えばマイジャグラーですとゲーム数は当然ですが、他にも「角チェリー+ビッグ」とか「単独REG」の回数などを入力する箇所があります。

 

 

ですのでもし設定判別ツールを使うのであれば、まず先に入力する項目がどんな項目があるのかチェックしてから利用するようにしましょう。打っている最中はしっかりカウントを忘れずに。

 

 

空欄や適当な数値を入力しても設定判別ツールは一応使えますが、信頼度はかなり落ちますので注意してください。それでは、本題に移りたいと思います!

 

 

スロマガの設定判別ツールを実際使ってみた!

まず判別をする為に台の設定を知っておかなくては精度や信頼度が分かりませんよね。ホールで打ってもある程度しか設定は分かりません。店長と仲が良いなどの場合は別かもしれませんが…。

 

 

ということで自由に設定を決めて打つことができるパチスロアプリを活用して検証したいと思います。アプリなら設定を決めて打つことができるので安心ですね。

 

 

今回打った機種はマイジャグラー3のアプリ。まずは設定1・設定3・設定6を試してみました。どのような結果になるかをまずはご紹介したいと思います。

 

 

設定1のマイジャグラーを判別

 

 

設定1・2000ゲーム消化の各データ

ぶどう 281
単独角チェリー 50
角チェリー+BIG 0
角チェリー+REG 3
単独&中段チェリー+BIG 6
単独REG 4

 

上の数値は2000ゲームをアプリで回した時の数値です。結果は…

 

 

 

 

やはり設定1の可能性が抜けていましたね。では4000Gで判別。

 

ぶどう 592
単独角チェリー 100
角チェリー+BIG 2
角チェリー+REG 5
単独&中段チェリー+BIG 13
単独REG 9

 

 

 

 

設定2の可能性が高いと表示されました。続いて8000Gのデータ。

 

 

ぶどう 1178
単独角チェリー 218
角チェリー+BIG 6
角チェリー+REG 7
単独&中段チェリー+BIG 28
単独REG 16

 

 

 

設定1の可能性が少し抜けましたね。しかしマイジャグの設定1は極端に悪い数値ですので、続いては設定3の中間設定を試してみたいと思います。

 

 

設定3のマイジャグラーを判別

 

ぶどう 283
単独角チェリー 58
角チェリー+BIG 2
角チェリー+REG 2
単独&中段チェリー+BIG 5
単独REG 3

 

アプリで設定を3にして2000ゲーム回したデータです。これを入力すると…

 

 

 

 

今回は設定1の可能性が高いと判別されました。では続いて4000G。

 

 

ぶどう 598
単独角チェリー 118
角チェリー+BIG 4
角チェリー+REG 4
単独&中段チェリー+BIG 16
単独REG 9

 

 

4000G消化の判別結果は…

 

 

 

 

2000ゲームの時点とは異なり、入力すると設定4の可能性が高いと表示されています。では続いて8000G。

 

 

ぶどう 1238
単独角チェリー 242
角チェリー+BIG 4
角チェリー+REG 6
単独&中段チェリー+BIG 32
単独REG 20

 

 

結果は

 

 

 

 

設定4の可能性が高いとのデータとなりました。では続いて設定6を試した結果をご紹介します。

 

 

設定6のマイジャグラーを判別
ぶどう 318
単独角チェリー 49
角チェリー+BIG 2
角チェリー+REG 1
単独&中段チェリー+BIG 10
単独REG 4

 

 

設定6で2000ゲーム消化時のデータです。マイジャグの設定6というとかなり期待できる設定ですよね。機械割も高く設定判別も安易にできそうな予感もしますが、果たして…

 

 

 

 

2000Gでは設定2の可能性が高いと表示されましたが、全体的にはまだどの設定か分からない感じですね。では続いて4000G。

 

 

ぶどう 645
単独角チェリー 101
角チェリー+BIG 3
角チェリー+REG 7
単独&中段チェリー+BIG 19
単独REG 6

 

以上が4000Gの時のデータです。これを入力すると

 

 

 

 

4000Gでは設定3の可能性が高いとの表示。では8000G。

 

 

ぶどう 1337
単独角チェリー 210
角チェリー+BIG 6
角チェリー+REG 10
単独&中段チェリー+BIG 31
単独REG 19

 

 

 

 

8000G消化時のデータを入力すると設定6の可能性が高いとの表示が。また、設定1・3・6を合計10回判別を試した結果もご紹介します。

 

 

マイジャグ3の設定1を10回判別した結果

消化時の信頼度となります(一番確率が高い設定の表示回数)

 

設定 2000G 4000G 6000G 8000G
1 5回 4回 6回 7回
2 2回 2回 3回 3回
3 2回 3回 1回 0回
4 1回 1回 0回 0回
5 0回 0回 0回 0回
6 0回 0回 0回 0回

 

こうして見ると信頼性があるような感じですが、マイジャグの設定1はかなり辛い部類ですので信頼性も高くなっていると思われます。

 

 

マイジャグ3の設定3を10回判別した結果
設定 2000G 4000G 6000G 8000G
1 3回 2回 1回 0回
2 3回 3回 3回 2回
3 2回 4回 5回 8回
4 2回 1回 1回 0回
5 0回 0回 0回 0回
6 0回 0回 0回 0回

 

設定1の時もそうでしたが、4000G〜6000Gでの信頼度は約50%ぐらいでしょうか。ちなみに設定3を判別していた時、設定1や2の表示があった時でも設定3の信頼度数値も高かったです。

 

 

マイジャグ3の設定6を10回判別した結果
設定 2000G 4000G 6000G 8000G
1 0回 0回 0回 0回
2 0回 0回 0回 0回
3 2回 2回 0回 0回
4 2回 2回 1回 0回
5 2回 2回 2回 1回
6 4回 4回 7回 9回

 

設定6を判別した場合はゲーム数が少なくても低設定の表示などがなかったのが特徴です。4000G〜6000Gになると高設定かもしれない、というような数値になっていました。

 

 

検証の結果、多少のブレはあるものの、試行回数が多いほど信頼度が高くなることが分かりました。ゲーム数が2000ゲームなどプレイ数が少ない場合の精度はイマイチという感じですね。

 

 

もし設定判別をするならば最低でも4000ゲーム以上は回しておきたいところです。また今回はマイジャグラーを設定判別しただけですので、他の機種ではどうなるのかは分かりません。

 

 

しかし…もっと精度を上げたい!

 

と思いますよね?もうワンランク上ぐらいの精度があれば、さらに活用できそうですよね?皆さんが知りたいのは「続行するかしないか?」の時だと思います。

 

 

打っている台を止めるか続行すべきか…迷っている時に活用したいツールこそが「設定判別ツール」ですよね?もちろん出玉が好調な時や最終結果なども気になりますが、一番頼りたい時はやめるか、やめないかの瀬戸際に立った時でしょう。

 

 

8000ゲーム消化して設定が分かっても遅すぎるよ!と言われるとそうですよね。そうなると2000ゲームや3000ゲームなどのゲーム数である程度の判断をしておきたいところです。

 

 

がしかし…なかなかそう簡単に確率は収束しませんし、確率論的に少ないゲーム数で判別するのは難しい所でもあります。ですがより一層精度を上げる方法があります!

 

 

それは設定配分を入力することです。

 

 

設定配分を入力してツールの精度を上げる!

設定配分とは簡単に説明すると設定1〜6まで何台入っているか、というのを入力する方法です。例えばA店に打ちに行くとしましょう。その日の設定状況がある程度読めるのであれば、この設定配分を入力することで精度がより一層増す感じです。

 

 

例えばマイジャグラーが10台あり、打ちに行く日は確実に10台中、設定5と6を使ってくる。残り8台は1と2のような挙動の台が7台、残り1台は3〜4のような挙動の台。

 

 

このように行くホールの設定状況を読んでいるとします。その時にこの「設定配分」に入力をすると、従来よりもいい感じで表示してくれるケースが多いです。

 

 

もちろん事前の予想などではなく、打っている途中などからでも入力可能です。周りを見渡すと「設定1が3台」「設定2が3台」「設定3が1台」「設定4が1台」「設定5が1台」「設定6が1台」と予想。

 

 

自分自身で予想を立てて、設定配分に入力して設定の信頼度を表示させた方がおすすめです。この設定配分の入力方法はとても簡単。

 

 

設定判別ツールの項目を入力し、判別開始ボタンをタップする所に「設定配分を考慮する」という文字の横にチェックボックスがあります。ここにチェックを入れて「判別開始」をタップするだけ。

 

 

 

 

すると以下のような画面に切り替わりますので、設定が入っている台数を入力するだけで使えます。

 

 

 

 

また先ほども例を挙げましたが設定1が3台、設定2が3台、設定3が1台、設定4が1台、設定5が1台、設定6が1台と予想をした場合の入力例は以下の通り。

 

 

 

 

設定配分利用時の注意点
この設定配分を入力する場合、ホールの設定状況を読んでいることが前提となりますので、もしホールの設定状況が読めていないのであれば、使うと逆に信頼度が低下してしまう恐れもありますので注意してください。

 

設定判別ツールを使うと通常は設定1〜6まで1台ずつあるという前提で設定判別を行っているのに対し、設定配分で指定するとご自身で入力した数値の影響をかなり受けますので利用をする場合は注意したいところです。

 

ですので利用の際は通常パターンでの設定判別、設定配分を入力した場合の判別と2パターンを照らし合わせてチェックするといいでしょう。

 

 

このように、スロマガの設定判別ツールを使う場合はホールの設定状況なども把握することも一つのポイントになってきます。気をつけたいこととして、低設定しか使っていないようなホールで、通常の設定判別を行うと効果はほとんど感じられません。

 

 

理由として、低設定でも確率が偏って良い確率になったりする場合がありますよね。例えばホールの設定状況を読んで、そのお店に「いつも中間・低設定っぽい台しかない」という状況で、スロマガの設定判別ツールを利用。

 

 

設定6が50%という表示!これは設定6の可能性が高い!と思うかもしれませんが、実際は設定6というケースはほとんどありません。ですので設定状況を読んで、設定配分に入力することが設定判別をするポイントになってくるのです。

 

 

ということはホールの設定状況を読むことが大切になってくる訳です。ではどのようにしてホールの設定状況を把握するのか?それは方法が色々とありますので、以下で解説してみます。

 

 

ホールの設定状況はどうやって読む?

ある程度の知識がある方なら、説明は必要ないと思いますがまだ初心者の方なら設定状況を読むのは難しいですよね。また、設定状況を読むのはあくまでも「予想」となり完璧には読めません。

 

 

まず一番重要なのが設定状況を読むならば、機種についての知識をしっかりと身に着ける必要があります。高設定の挙動がどんな感じか?など理解をしていることが重要です。

 

 

理解できていない場合は、高設定が投入されているかどうかなどの判断が難しいですので、まずは機種についての知識を身に着けましょう。

 

 

単純にデータより設定を見抜く

パチンコ屋のデータカウンターをチェックすれば、ある程度の設定状況が判断できます。もちろん調べたい機種すべてチェックするようにしましょう。今回はマイジャグラーを例にして設定を読むとします。

 

 

設置されているマイジャグラーの合算確率やREG確率をチェックし、ある程度の予想をします。例えば何もない通常営業の日。合算確率が良い台でも1/136ぐらいの台しかない。またREGもイマイチ。

 

 

過去に通常営業の日で設定5・6のような数値の台を見かけたことは数回レベル。このような場合だと、通常営業の日は中間もしくは低設定が多く入っていて、設定5や6は入っていないと予想できます。

 

 

設定1 4台
設定2 4台
設定3 1台
設定4 1台
設定5 0台
設定6 0台

 

 

このような設定の状況だと思う、と予想しても構わないでしょう。気になっているホールがあれば、実際ホールに行ってデータをチェックし、設定状況を調べるといいでしょう。

 

 

ですがホールに行くのは面倒…となりますよね?そこでサイトセブンの出番なんです!データロボサイトセブンのサービスを使えば、自宅でホールの合算確率などの細かいデータをチェックすることができるので非常に楽。

 

 

パチスロをしている人にとって活躍するサービスとなるでしょう。

 

 

曜日などで設定状況を見抜く

パチンコ店によっては曜日などで熱さが変わったりします。高設定を入れている日、入れていない日とパターン化しているホールもあります。

 

 

月(通常営業)中・低設定のような台しかない
火(新装開店)設定5 or 6くさい台がある
水(通常営業)中・低設定のような台しかない
木(通常営業)中・低設定のような台しかない
金(通常営業)中・低設定のような台しかない
土(通常営業)設定5 or 6くさい台がある
日(通常営業)設定5 or 6くさい台がある

 

 

上の例ですと火曜日の新装開店時や土日は高設定が投入されているような状況ですので、設定判別ツールを使って判別する価値は高くなります。

 

 

実際に打って設定や状況を読む

実際にホールで打って設定や状況を読むのもいいでしょう。打つ場合おすすめなのは設定を示唆してくれるような台を打つことです。バジリスク絆の3ベルだと6確定ですよね。

 

 

他にも筐体のランプ点灯で高設定示唆など機種によっては設定を示唆してくれるような台がありますので、このような台を打てばある程度の設定状況もつかめてくると思います。

 

 

また打ちながら他の人の台などもチェックしましょう。高設定挙動をしているか、などデータを見ただけでは分からない所まで知ることができます。

 

 

バジ絆の3ベルなどが出た台があれば「この店は6を使っているんだな」と推測ができますし、台の挙動を見るというのもポイントだと私は思います。

 

 

ただ、実際打つとなるとお金もかかりますので、イベントなどある程度期待できる日で実践しておきたいところです。

 

 

設定状況を読むコツ

ホールの設定状況を読むコツとしては数回チェックするだけではなく、ずっとそのホールについて調べるのもポイントになります。

 

1か月間ホール状況をチェックするのと、半年ずっと状況をチェックしていたのでは後者の方が設定状況を理解できている可能性は高いですよね。

 

但し高設定が入っていないホールの場合は調べるだけ意味ないので、高設定が投入されているようなホールに絞って調べましょう。

 

 

最後に…スロマガの設定判別ツールは信頼できるのか?

スロマガの設定判別ツールは普通に使うだけでもある程度の精度がありますが、8000ゲームなど消化しないと信頼度も高くなりません。ですので設定配分を入力して使うのがおすすめ。

 

 

出来るだけ少ないゲーム数で設定判別をしたい場合は、この設定配分を設定して利用するのがいいでしょう。信頼できるか出来ないかは使う人によっても違うと思いますが、信頼度はそこそこありそうです。

 

 

ですがこのようなツールはあくまでも「補助」程度と思っておくことが大切でしょう。信用して投資がかさんで大負け…ということも考えられますので、信用しすぎるのは駄目です。

 

 

自分なりにカスタムして使い、設定判別の精度を上げて活用してみてくださいね。